トヨタ ハリアーハイブリッド 無料査定・買取



乗用車のプラットフォームを利用したプレミアムSUV。

このカテゴリーを作り世界中で大ヒットした初代ハリアー。登場はその登場は97年のこと。それから約6年、03年にハリアーは2代目へフルモデルチェンジ。

それから約2年おくれた05年の春にハリアーハイブリッドが登場。エコとパワーを高い次元で両立させる「ハイブリッド・シナジー・ドライブ」をコンセプトに、新開発のハイパワー「THSII」を搭載。

さらに、リヤモーターで後輪を駆動するE-Four(電気式4WDシステム)、パワー(駆動力)・ステアリング・ブレーキをバランス良く最適に統合制御する最先端技術VDIMを採用し、V8エンジン搭載車にも匹敵する動力性能と、走りの魅力を高める操縦性・走行安定性を追求している。

ベースとなっているのは標準型のハリアーに設定されている2.4リッター車でも、V6の3.0リッターエンジン搭載車でもなく、3.3リッターのV6となっているところが大きな特徴である。


中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:44 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ マークII ブリット 無料査定・買取



マークIIの名を冠したワゴンとして、クオリスが登場。高級なLクラスのファミリーワゴンとして人気を博した。

新型車となるマークIIブリットは、全くのコンセプトを変えて、'02年1月にデビュー。セダン設計時からマークIIのワゴンモデルとして想定。

コンセプトは、プレミアム.スポーティワゴン。ツーリングカーとして走りを楽しむため、クオリスとは違い、駆動方式にFRを採用している。

エクステリアは、スポーティさを醸し出すため、ボンネットやサイドフェンダーまで大きく切り込んだ縦型のヘッドライトや、リアキャビンデザインを取り入れている。

2.5iR-Vでは、前後とも17インチのアルミホイールを装着し、シャープさを醸す。タイヤは、フロントが215/45、リアが225/45だ。

サスペンションは、4輪ともダブルウィッシュボーンに、セルフレベリング機能を備えたショックアブソーバーを装備。乗車人員や積載量に関わらず一定した車高を確保し、リニアで自然な操舵感とフラットな乗り心地を両立してくれる。

スライド式トノボード(トノカバー内蔵)や折り畳み式ラゲージユーティリティボックスなどを装備。


中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:42 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ プログレ 無料査定・買取



97年の東京モーターショーのトヨタブースに、小さな高級車という新しいコンセプトのニューロンという車が出品されていた。

これが、翌年5月に登場したプログレ。高級車というと、ボディサイズが大きいと連想しがちだが、プログレは日常使い勝手のよい5ナンバーサイズのボディに高級感を詰め込んだ車なのだ。

ベースにはマークIIを使用しているが、ロングホイールベースで、広い室内を確保すると共に、エンジンは2.5&3.0リッターと高級車に相応しいパワー&トルクを得ている。

駆動方式もマークIIがベースだけにFRで、これまた高級車に相応しい、スタビリティの高い走りを身につける。

インテリアには明るめのライトブラウンを基調に、木目をふんだんに使って、プレミアム感を演出。3.0リッターモデルには本革シートも標準装備される。

いまや、高級車の必需品と化したレーダークルーズシステムや、万が一の時に役立つヘルプネットもオプション設定。国産車にはありそうでなかった、ジャストサイズ高級サルーンだ。


中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:38 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ ハイラックス サーフ 無料査定・買取



ハイラックスサーフという車名自体は68年に登場。しかし、このころはまだ、ピックアップトラックの商用車であった。

このハイラックスの荷台にFRP製の屋根とリアシートを装着し、見慣れた形のハイラックスサーフが登場したのは84年のこと。SUVという単語が一般的ではなかった時代のハナシである。

2代目ハイラックスサーフはクロカンブームのまっただ中、89年に登場。それまでのFRP製トップを付けたスタイルとは別れを告げ、全身スチール製のボディとなった。

3代目ハイラックスサーフは’95年に登場。そして、4代目となる現行モデルは'02年に登場。先代モデルまではベースがハイラックスであったのに対し、現行モデルはプラットフォームをランドクルーザー.プラドと共用し、完全なる3ナンバーモデルとなっている。

若者の多様なライフスタイルに応える「スタイリッシュSUV」をテーマに、スポーティでパワフルなデザイン、洗練された室内空間、オンロードとオフロード性能の高レベルでの両立を図ったものも特徴的だ。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:31 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ パッソ 無料査定・買取



トヨタとダイハツ、両社のノウハウを結集させた国内初(2004年6月現在)の共同開発車がパッソだ。

コンパクトボディでありながら、ロングホイールベース/ワイドトレッド/ショートノーズ化により、広大な室内空間を確保した。

とくに、室内幅にゆとりが与えられ、ストレスを感じない空間を実現している。また、衝突安全性能にも最新の技術が投入されている。

より、大きなボディのクルマとの衝突でも十分な生存空間確保のため、セルシオによる全方位カー toカーの衝突実験を実施。最高レベルの安全性能を追求した。

同乗する子供にも優しいのも特徴。チャイルドシートをワンタッチでガッチリと固定する ISOFIX対応専用バーとトップテザーアンカーを標準装備されている。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:29 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ ハリアー 中古車査定・買取



97年にSUVの草分けとしてデビューしたハリアー。高級車としての存在感とワイルドなスタイルの斬新な組み合わせは、SUVブームの火付け役となった。

’03年になりフルモデルチェンジされ、2代目となる。ボディサイズも確実にひと回り以上大きくなり、迫力や高級感も一段とUP。

搭載されるエンジンは、 2.4リッターと3.0リッターの2タイプが用意され2.4リッターが4速AT、3リッターが5速ATの組み合わせとなる。

2.4、3.0リッターともにFFの他に4WDがラインアップされているのが特徴だ。ATはアグレッシブなスポーツ走行が楽しめるシーケンシャルシフトマチック。

また、ユーティリティにも高級車らしい装備が満載。バックドアを開けると自動的にトノカバーが巻き上げられる機能等も装備。

クルマの進行方向にヘッドライトが左右に自動的に動き視界を確保するヘッドランプコントロールシステムなども装着可能だ。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:26 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ ビスタ アルデオ 中古車 買取査定



98年7月、ビスタのステーションワゴンとして新登場したのが、ビスタアルデオだ。

全長4.6メートルクラスのコンパクトセダンに、ルックスはそのまま、最大限の居住スペースを与えるとどのようなクルマになるのか、という実験的な意味合いも含み、開発されたトヨタの意欲作だ。

結果、5ナンバー枠としての最高のパッケージングで話題を呼ぶこととなり、事実、クラス最高水準の広さのキャビンを実現させた。

1515mmと、同クラスにしては高い車高を採用したことも、その要因のひとつ。乗車定員は5名。コラムシフトを採用することで、前後左右へのウォークスルーが可能に。

シートアレンジも多彩で、リアシートは、前後スライドとリクライニング機能付き。3列シートワゴン並みの使い勝手を誇る。剛性感の高いボディとロングストロークのサスペンションによって、乗り心地は快適。フロントにはストラット式を、リアにはイータビーム式(一部グレードを除く)サスペンションを採用している。

エクステリアは、リアピラーを隠しサイドから回り込むリアウインドウデザインが特徴。ガラスハッチのみの開閉も可能。

4分割トレイも備えている。全長×全幅は、4640×1695mm。立体駐車場もぎりぎりOKのボディサイズながら、優れたパッケージングが施された一台。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:23 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ デュエット 中古車 買取査定



ダイハツが企画開発したキュートな小型車「ストーリア」を、トヨタがOEM供給されるカタチで販売されたのが、デュエットだ。

エンブレムなどの細部を除き、同一のクルマとして、98年にデビューした。独特なスタイリングをもち、丸い開口部とアーモンド型の大きなヘッドランプが印象的ではあったが、マイナーチェンジ後、フロントグリルやティアドロップ型ヘッドランプを採用するなど、レトロ調にリスタイリングされている。

全長は3690mm、全幅は 1600mmと、トヨタの中ではヴィッツと並んでコンパクト。5ドアのハッチバックスタイル。乗車定員は5名。最小回転半径は4.3メーターと、軽自動車並みに小さく小回りも得意である。

駆動方式は、FFと4WDで、トランスミッションはフロアシフトの5速MTと4速ATを設定。グレードごとに、それぞれを組み合わせることができる。

安全装備は、デュアルエアバック、ブレーキアシスト、EBD(電子制御力配分制御)付きABS、フォースリミッター&プリテンショナー付きシートベルトを標準で装備。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:17 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ スパーキー 中古車 買取査定



スパーキーは00年9月、ダイハツ.アトレー7のOEM車として登場。VVT付き1.3リッターエンジンを搭載する3列シート、7人乗り1ボックス小型乗用車。

ダイハツのアトレー7に対して、マルチリフレクターヘッドランプ、フロントグリル、大型エアロバンパー、リヤガーニッシュ、シート、トリム素材、インパネなどを変更することで、トヨタ者であることを主張していた01年7月にアトレー7のマイナーチェンジにあわせて、マイナーチェンジを実施。

一部を除きチルトステアリングを採用、フロントドアアームレストの大型化、インサイドドアハンドルのメッキ処理などを施した。

02年にXとGグレードのS パッケージにスタイリッシュなロールーフ車(標準のハイルーフ仕様より85mm低い、1810mm)を設定すると同時に、セカンドシートに6:4分割独立スライド式シートを採用、乗降性の向上をはかった。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:12 | トヨタ中古車無料査定・買取

トヨタ カローラ ランクス 中古車 買取査定



'01年1月、トヨタの欧州戦略も視野に入れつつ、若者をターゲットにしたカローラの5ドアハッチバック、カローラ.ランクスがデビューした。

5ドアハッチバックと言えば、欧州ではVWゴルフやオペル.アストラ、プジョー206/307など、ベストセラーモデルが揃っている。

しかし、日本では'90年代からミニバンブーム到来と共にハッチバック人気が消え失せ、カローラも'84年からラインアップしていた5ドアハッチバックモデル「カローラFX」を'95 年に廃止していた。

が、若者のエントリーモデル的なハッチバックから脱皮し、欧州のようなプレミアム感を持たせることにより、現代に復活を遂げた。

カローラランクスも当然その例にもれず、塊感のあるスタイリング、高性能な3タイプのエンジンラインナップ、スポーティかつコンフォートなインテリアなど、欧州車にひけを取らない車に仕上がっている。

兄弟車として、ネッツ店で扱うアレックスがあり、グリルなど細部が異なる仕様となっている。

海外モデルには3ドアもラインアップされているが、日本では5ドアモデルのみとなる。'04年4月にマイナーチェンジを受け、涙目タイプのヘッドランプになった。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:06 | トヨタ中古車無料査定・買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。