日産 マーチ 無料査定・買取



近藤雅彦をイメージキャラクターにし「マッチのマーチ」をキャッチフレーズに初代マーチは’82年に登場。ちなみにデザインはイタリアの工業デザイナー、ジウジ.アロー。

スクエアなプロポーションが自慢だった。’92年に登場した2代目はうってかわって丸くキュートなスタイリングが特徴的だった。そして、 ’02に現行モデルが登場。

よりいっそう丸さを強調したスタイリングと、ヘッドランプとその上にちょこっと飛び出たサイドマーカー、そして今までの日本車ではありえなかったようなボディカラーが特徴的である。

「ユーザーフレンドリーを追求した、おしゃれな新世代コンパクトカー」をコンセプトに、プラットホームやエンジンも新開発。インテリアも質感の向上と、スイッチなどの操作系を統一カラーとすることで、ハイレベルで機能的なデザインに仕上がっている。

運転席・助手席アクティブヘッドレストを全車標準化するなど、安全性の向上も図っている。また、車体後部のモーターで後輪を駆動する電動4WDシステム、 e.4WD車が設定されているのも現行マーチの大きな特徴だ。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:26 | 日産中古車無料査定・買取

日産 オッティ 無料査定・買取



オッティの車情報満載。オッティのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、オッティオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。


中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:24 | 日産中古車無料査定・買取

日産 ムラーノ 無料査定・買取



斬新なデザインと高いドライビングパフォーマンスをテーマに誕生したSUVが「ムラーノ」だ。

ムラーノとは、イタリア.ベニスの近くにある島名に由来。この島で作られるベネチアングラスは「ムラーノグラス」と呼ばれ、人間の五感に訴える美しさと手作りの温かみが、クルマのコンセプトと共通することから名付けられたという。

そんな、デザインにこだわったムラーノは、全車18インチ大径タイヤを装備し、SUVらしいドッシリとした安定感を表現。クロームメッキ上にスモーク調のクリアを施した、こだわりのフロントグリルも注目したいポイント。

エンジンは3.5リッターと2.5リッターのV6が、2種類が用意されている。2.5リッターはFF車のみで、3.5リッターはFFと4WDの選択が可能。

3.5リッター車のみCVTが搭載され、2.5リッター車は4ATとなる。インテリアは、ゆったりとしたアメリカンな大型シートを用意。随所に本アルミ材を使用し、スポーティ感を演出。

内装色はスポーティなブラックと、開放感のあるカフェラテ(明るいベージュ)の2タイプが選択可能。

ゆったりとしたライド感と、都会的なデザインセンスが融合したSUVといえる。


中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:21 | 日産中古車無料査定・買取

日産 プレサージュ 無料査定・買取



プレサージュの初代モデルは98年に登場。そして03年に現行モデルとなる2代目プレサージュが登場。

ティアナのプラットフォームを採用して、乗用車と違和感のないドライビングフィーるを実現しているのが特徴。また「簡単、らくらくシートアレンジ」も大きな自慢の1つ。

サードシートのワンタッチ床下収納、運転席のスイッチを押すとシートが自動的にスライドするリモコンウォークイン、キャプテンシートからベンチシートへ用途に応じて切り替えられるセカンドシート横スライドなど、様々なシーンにあわせて使い勝手の良いシートアレンジを採用しているのだ。

バックドアガラスハッチ、フラットで低いフロアと両側スライドドアによる優れた乗降性、豊富な収納スペースなど実用性の高い装備も豊富。

左前方の視界をサポートし、幅寄せや狭い道でのすれ違いなどを夜間でも確認可能とした、

赤外線LED付サイドブラインドモニター、サード席までカバーするSRSカーテンエアバッグシステムなどオプション装備も充実。

04年には一部改良が行われ、スライドドアオートクロージャー(両側)、インテリジェントキー、オートライトシステムなどが標準装備となった。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:16 | 日産中古車無料査定・買取

日産 プリメーラ 無料査定・買取



いすゞヴィークロスなどを手掛けたデザイナー中村史郎氏が、日産ニューデザインラインとして初めた第一弾がこのプリメーラ。

3代目となる現行モデルはボディサイズを大幅に拡大。全長4565mm×全幅1760mm×全高1480mmと3ナンバークラスへと進化した。

ボディディメンションの変更により、初代からのボクシーなスタイルから脱皮し、グラマラスで有機的なデザインとなった。

インテリアデザインに関しても、デザイントレンドであるセンターに3連メーターを配し、またオーディオやエアコンなどの各スイッチ類をインパネ中央に集約し、指先操作を可能にした斬新なものとなっている。

一方走りに関しては、初代から踏襲されている前後マルチリンクサスによる路面追従性の良さと高剛性ボディにより、ヨーロピアンテイストを踏襲している。

主力エンジンは2 リッター直列4気筒DOHCのQR20DE型でCVTが組み合わされる。トップモデルには、よりスポーティな走りを求めるユーザー向けに、直噴2.5リッター+6速マニュアルモード付きCVTが用意されている。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:12 | 日産中古車無料査定・買取

日産 ブルーバード シルフィ 無料査定・買取



ライフシーンを彩り、生活を便利にするクルマとして開発されたブルーバードシルフィ。「美しい」「心地よい」「やさしい」の3つをキーワードとし、大人の女性に選んでもらえることを目指した。

まず、美しさの象徴と言えるのが曲線を多用してデザインされた内外装。V35スカイラインセダンやY50フーガにも通じるサイドシルエットを始め、柔らかいイメージを与えてくれるフォルムは上質感さえも漂わせている。

また、貝を開いたような形状で乗員を包み込むシェルシェイプシートが心地よさを代表し、ハンドバックやトートバッグなどを収納できるスーパーマルチコンソール&シートバック2ウェイポケットがやさしさを表現している。

内装色はサンドベージュとブラックの2種類で、シート表皮には手触りのいいシルキースエードを採用。まるでリビングルームのような落ち着いた雰囲気でまとめられている。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:09 | 日産中古車無料査定・買取

日産 フィガロ 無料査定・買取



フィガロは91年2月に販売開始されたクルマであるが、初お目見えは89年に開催された第28回モーターショーだったのである。

ベースは初代マーチで、エンジンは1.0リッターターボ、トランスミッションは3速ATであった。キャンバストップのスライディングルーフが特徴的な2ドアクーペだったのである。

パナール.ディナ.ユニオールなど50年代のフランス車を思わせる可愛らしいボディは、各部にフレックス樹脂パネルを使用。ルーフはセンター部のみが手動で収納可能であった。

また発売に合わせて、このフィガロをモチーフとした三部作の短編映画まで製作.公開された。

このクルマの生産台数は2万台限定で、購入希望者を集ったのち、3回に分けて抽選を行うという方法をとった。Be-1、パオに続くマーチ.ベースの限定車、第3段であった。

ちなみに、1回目は 91年3月14日に締め切り、8000台を受注。2回目が6月16日で6000台、3回目が8月31台で6000台といううちわけであった。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:06 | 日産中古車無料査定・買取

日産 バサラ 無料査定・買取



車名を聞いて?と思う人もいるかもしれないが、その実態は、99年に日産からデビューした7〜8人乗りで使い勝手の良いミニバンである。

ベース車両となっているのは、日産ミニバンのプレサージュだ。当時日産は販売促進のため、ミニバンラインアップ向けにハイウェイスターやキッズバージョンなどさまざまなバリエーションを用意。

そんな中、セレナやラルゴほど人気を獲得していなかったプレサージュに、存在感のある車名とスタイルをまとわせて新型車としてデビューさせたのがバサラである。車名の由来は、室町時代の「婆娑羅大名」から。

これは「派手で豪壮で素直な」という意味で、この車のスタイルを見るとその車名もうなずけるだろう。特に特徴的なのはそのグリルで、大型で豪快なデザインにガンメタリックのスモークメッキ塗装が施されている。

車としてのコンセプトは“ダンディミニバン”であり、インテリアはハイコントラストなツートーンカラーコーディネイトとシックな素材等を取り入れ上質感溢れるものに仕上がっている。

デビュー当初のエンジンラインアップは、2.5リッター直噴ディーゼルの他、2.4リッターと3.0リッターのガソリンエンジンの三種類。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:03 | 日産中古車無料査定・買取

日産 ティーダ 無料査定・買取



ティーダは、2004年秋に新たに登場した5ドアのハッチバック車である。

「ハイクオリティコンパクトカー」のコンセプトで、マーチ等のコンパクトカークラスからの乗り換えユーザーのみならず、上級車クラスからのダウンサイズ需要にも応える高い質感を備える。

中でも、高級なインテリアやクラスを超えた居住性はティーダの大きな特長となっている。

ソフト素材を多用した室内デザインは同社上級車ティアナを思わせるモダンな雰囲気を持ち、ゆったりと足が伸ばせる広い後席の足元スペースは、同社最高級車シーマに匹敵する空間を確保している。

それでいて、後席のスライド機構により同社ステーションワゴンのウィングロードに匹敵する荷室空間を生むことも可能な高い柔軟性も持ち合わせている点は新しいところだ。

走りについても、新開発のオールアルミHR15DEエンジンとエクストロニックCVT(無段変速機)を採用することでレスポンスのよさと低燃費を両立し、その上でさらに高い静粛性も実現した。

また上級車と同等な仕様のサスペンションを採用し、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立するなど、全体に日産の技術の集大成とも言える仕上がりとなっている。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 08:00 | 日産中古車無料査定・買取

日産 キャラバン コーチ 無料査定・買取



キャラバン コーチの車情報満載。キャラバン コーチのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、キャラバン コーチオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。


中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 07:55 | 日産中古車無料査定・買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。