メルセデス・ベンツ SLRマクラーレン無料査定・買取



2003年のフランクフルトショーで公開されたSLRマクラーレンはメルセデスベンツとレーシングカーコンストラクターであるマクラーレンが共同開発を行ったスーパースポーツモデルだ。

メルセデスの歴史に伝説のレーシングカーとして名を残す'50年代の名車SLRをスタイリングモチーフとしたSLRマクラーレンは、最先端のレーシングテクノロジーをフィードバックした超高性能モデルである。

そのボディモノコックはカーボンコンポジット材を採用することで軽量ながら圧倒的な高剛性を実現している。

搭載されるパワーユニットはAMGが開発したスーパーチャージャー付の5.5リッターV8で、その最高出力は626ps/6500rpm、最大トルクは79.5kg-m/3250〜5000rpmを発生、0-100km/h加速はわずか3.8秒というパフォーマンスを秘めている。

組み合わされるトランスミッションは5速ATとなり、駆動方式はコンベンショナルなRWDとなる。

また、300km/hをはるかに超える最高速度を誇るSLRゆえ、C-BRAKEと呼ばれる炭素繊維強化セラミックディスクを採用した高性能ブレーキシステムも標準装備となる。

空力面にも細心の配慮がなされている。緊急ブレーキ時にはトランクリッドに備わるアダプティブスポイラーが立ち上がり、空気抵抗を増大することで後輪により強力なダウンフォースを発生させるエアブレーキ機能も備えている。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 12:39 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ Aクラス無料査定・買取



メルセデスが作った初めてのコンパクトカー、それがAクラス。

歴史的コンパクトカーは98年に登場。一番身近なスリーポインテッドスターと言うことで日本でも大人気となった。

そんな初代Aクラス168系の歴史も05年で終了。2代目となる169系へとバトンタッチされたのである。

先代モデルと同じくパワートレインとキャビンを完全に上下にセパレーツしたサンドイッチコンセプトと呼ばれる、独特な2重構造のシャシーを採用している169系。

しかし、走りの質感は内装の質感と共に大幅向上。また、ラゲッジスペースをフルフラット化できる1:2分割可倒式リアシートや、2段階の高さ調節を可能としたラゲッジルームなど、使い勝手の良い装備も採用されているのも自慢の1つだ。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 10:11 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ ビアノ無料査定・買取



2003年10月、ダイムラークライスラーは、メルセデスベンツの新型マルチパーパスビークル、ビアノ「3.2トレンド」「3.2アンビエンテ」「3.2 アンビエンテロング」を発売。

ビアノは、Vクラスの後継モデル。ゆとりのボディサイズと長いホイールベース、そしてフラットなフロアを活かした広い室内は、大人7人がゆったりとくつろげる3列シートを装備。前後スライドやリクライニング機構を備えたセカンド/サードシートは着脱可能で、対座レイアウトをはじめ多彩なアレンジが可能。

また、左右両側のスライディングドアにより、後席への優れた乗降性や荷物の積載性を実現している。さらに「アンビエンテロング」は、ラゲッジルーム部分を245mm延長し、積載量が大幅に増加している。

パッシブセーフティでは、新開発の衝撃吸収構造ボディ、運転席と助手席のエアバッグなどに加え、側面衝突に備える前席のソラックスサイドバッグを標準装備。メルセデスならではの高度な衝突安全性を実現している。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 10:07 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン無料査定・買取



先代モデルから7年ぶりとなるフルモデルチェンジにより、203というコードネームが与えられたCクラスは、まず2000年9月にセダンが登場。

ステーションワゴンはその9ヵ月後の2001年6月に追加された。先代モデルに比べて、全長を10mm、ホイールベースを25mm拡大して、その恩恵はおもに居住性の向上にもたらされている。

個性的なデザインのヘッドライトとメッキグリルが生み出す精悍なフロントマスク、先代モデルに比べて全体にスポーティなイメージを与えるスタイリングが特徴。

インテリアには、走行中に手を離さず各機能の表示や切り替えが可能なマルチファンクション・ステアリングや、各種情報を表示するマルチファンクション・ディスプレイを装備するなど、特別に意識することなくさまざまな操作、情報確認ができる操作系にまとまられている。

また、アームレストスルーも可能な分割可倒式リアシートを採用し、ラゲッジルームの利便性も高い。安全性能にこだわるメルセデス・ベンツらしく、Cクラスもピラーやルーフフレームなど主要部位を強化して乗員の安全性を高めるなど、安全性への配慮も怠りはない。

前後席に合計8個のエアバッグをそなえ、エレクトロニック・スタビリティ・システムも装備する。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 10:01 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ CLKクラス無料査定・買取



96年に登場したCクラスをベースにした2ドアスペシャリティクーペ。電子制御式5速ATがFRレイアウトに組み合わされ、スポーティな走りが楽しめる。

日本導入はユ97年9月で、2リッター直列4気筒DOHCのCLK200と3.2リッターV型6気筒SOHCの2モデルのみであった。翌98年にはオープンモデルのCLK320カブリオレが追加されている。

Eクラスに似たフロントマスクが特徴的であったが、ベースとなる骨格部分はほとんどCクラスとの共有となっていた。

02年にクーペモデルが、03年にカブリオレがそれぞれモデルチェンジし、一回り大きいボディサイズを与えられ、流れるようなスポーツテイスト溢れるデザインへ変更。

もともとクーペモデルとしては広い室内空間を持ちリヤシートも充分実用的であったが、このモデルチェンジにより、住空間の向上が図られた。

外観上最も特徴的なのはピラーレス構造となったことだが、各部が強化されることで、衝突安全性とボディ剛性は向上した。またカブリオレのソフトトップ開閉は電動のフルオートで、リモコン操作も可能となっている。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:59 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ SLクラス無料査定・買取



型式でいうと、R230型となるのが、01年に日本上陸となったSLだ。じつに先代から12年ぶりのフルモデルチェンジであり、メルセデス.ベンツ自慢の最新メカニズムが存分に投入されている。

ルーフにはすでにお馴染みのバリオルーフを採用。これはアルミルーフを電動で開閉するもので、スイッチひとつで操作可能となり、所要時間はたったの16秒となっている。

スタイル的にはクローズド、オープンともにスタイリッシュで、初代SLのスタイルをモチーフに、全体をまとめ上げている。エンジンは3.7リッターV型6気筒SOHCと5リッターV型8気筒SOHCに加え、500馬力を発生する5.5リッターV型12 気筒SOHCツインターボも用意されている。

ミッションは5リッターモデルのNAのみが、7速ATとなり、それ以外は5速ATとなる。ハイパワーを安全に操るべく、制御技術にも力が入れられており、快適性と走行性能を両立させるアクティブ.ボディ.コントロールや制動距離の短縮に威力を発揮するセンソトロニック.ブレーキ.コントロールなどを採用している。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:27 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ SLKクラス無料査定・買取



鉄の屋根を持つ2シータースポーツ。1997年に登場した初代SLK(R170)は、その存在からしてエポックメイキングであった。

そのSLKが現行モデルR171にフルモデルチェンジしたのは2004年のこと。先代モデルに比べてデザインも大幅に進化すれば、その中身も大幅進化。

ボディサイズは先代比で全長80mm、全幅65mm、ホイールベース30mm拡大。電動開閉式ハードトップの「バリオルーフ」の開閉時間も25秒から22秒に短縮されている。

登場当初はV型6気筒3.5リッターとV型8気筒5.5リッターの2機種のエンジンが搭載していたが、05年8月に新開発の3.0リッターV型6気筒DOHCエンジンが追加されている。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:23 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン無料査定・買取



メルセデス・ベンツの中核をなし、アッパーミドルクラスの代表格であるEクラスは2002年にフルモデルチェンジを実施。ステーションワゴンはその1年後となる2003年に登場した。

ボディサイズは全長と全幅をそれぞれ10mmと20mmずつ拡大して、ホイールベースも20mm延長されている。その一方で全高は10mm下げられており、曲線を多用したデザインと相まって、ボディの大型化を感じさせないスポーティなスタイリングを実現した。

先代から採用されたツインヘッドライトのデザインが、より洗練されたのも大きな特徴だ。上質な仕立てのインテリアにも、クロームリングをあしらった円形メーターパネルを採用するなど、スポーティな演出がちりばめられている。

分割可倒式のリアシートはヘッドレストを取り外さずにシートバックを倒せる。各種アタッチメントや小物入れを豊富に用意するなど、積載性や使い勝手のよさは折り紙つきである。

サスペンションはフロントが新開発となる4リンク式、リアにはより熟成を重ねたマルチリンク式を採用。

E500アバンギャルドとE55 AMGステーションワゴンのリアにはセルフレベリング機構付きのエアサスペンションが標準装備され、快適な高速走行性能と乗り心地の良さを両立している。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:20 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ CLSクラス無料査定・買取



機能がデザインに現れる。質実剛健を地でいくゲルマン魂のかたまりのようなクルマ作りが自慢であったベンツの突然変異。

機能よりもスタイルを優先した初めてのベンツである。クーペと見間違うほどのスタイリッシュ4ドアサルーン。4ドアセダンというよりも4ドアクーペと称した方が良いほどにボディデザインは秀逸である。

全長は4915mmということでEクラスとSクラスの中間となっている。ライバルはBMWやアウディというよりも、マセラッティといった感じである。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:17 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取

メルセデス・ベンツ Vクラス 中古車 買取査定



Vクラスの車情報満載。Vクラスのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、Vクラスオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。

中古車 買取査定情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 02:04 | メルセデス・ベンツ中古車無料査定・買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。