BMW 3シリーズ コンパクト無料査定・買取



日本市場で人気の3シリーズで、唯一ハッチバックボディを持つのがコンパクトだ。現行モデル(04年12月現在)のE46型になって、従来のコンパクト(エンブレムは318tiだったが)からtiとなった。

先代モデルは、当時の現行モデルE36型より1世代前のE30型のシャーシを採用していたが、現行モデルではE46型のシャーシを採用する。つまり、シャーシ2世代進化し、リヤサスペンションはマルチリンクが採用されている。

搭載されるエンジンは、 1.8リッター直列4気筒DOHCと2リッター直列4気筒DOHCの2種類。ミッションは、1.8リッターが5速ATのみで、2リッターは5速MTと5速 ATをラインアップする。

コンパクトでとセダンのホイールベース2725mmと共通だが、全長はリヤオーバーハングを切りつめられ205mm短くなっている。つまり、取り回しやすいボディサイズながらもセダン並みの居住スペースを確保しているというわけだ。

すでに海外では次期3シリーズ(E90型)が発表されているが、現行モデルを含め歴代コンパクト(=ti)が同時にフルモデルチェンジする可能性は低い。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:33 | BMW中古車無料査定・買取

BMW 3シリーズ クーペ無料査定・買取



3シリーズ クーペの車情報満載。3シリーズ クーペのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、3シリーズ クーペオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。

ガリバーならBMW3シリーズ クーペなど、毎日新鮮な在庫を入荷。約4000台の豊富な在庫から検索。


中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:31 | BMW中古車無料査定・買取

BMW 3シリーズ カブリオレ無料査定・買取



4代目3シリーズとなるE46型3シリーズのデビューは1998年。

まずはセダンの318iと328iから導入された。2000年8月には先行して登場していたクーペをベースに、電動ソフトトップをそなえたカブリオレが追加された。

全長×全幅×全高は4490×1755×1370mmとなり、クーペのボディサイズに準拠している。オープン化にともなって独自設計の高剛性ボディが与えられ、クローズドボディにもひけをとらない軽快で滑らかなドライビングフィールを実現している。

転倒時に乗員を保護するロールオーバー・プロテクション・システムを採用するなど、安全性も高いレベルで確保。電動開閉式となるソフトトップは三層構造となっており耐久性、耐候性は抜群だ。ヒーターつきガラス製リアウインドウを採用して、クローズド状態の後方視認性も高い。

クーペと同じ2003年にはエクステリアデザインの変更を実施。フロントマスクのイメージがガラリと変わり、クーペ/カブリオレの独自性をさらに強調するものとなった。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:28 | BMW中古車無料査定・買取

BMW M5無料査定・買取



BMWを愛する者にとって特別な響きとなる"M"モデル。BMW・M社によって市販モデルをベースに高度なチューニングが施されたMモデルは、BMWのイメージリーダーとして高い人気を誇っている。

2004年末にデビューを飾った現行型M5はE60型5シリーズをベースとしたMモデル。M5としては4代目となる現行モデル、専用形状の前後バンパーなどが奢られるエクステリアは控えめな印象だが、最高出力507psを発生する5リッターV型10気筒エンジンが搭載されている。

組み合わされるトランスミッションは2ペダルMTとなる7速SMGで、ステアリングに備わるパドルスイッチによる変速はもちろん、ATモードによる自動変速も可能となっている。

後輪駆動、500psオーバーの最高出力を受け止める足まわりはフロントがダブルジョイントスプリングストラット式、リアはインテグラルアーム式を採用、DSC(ダイナミックスタビリティコントロール)やEDC(エレクトロニックダンパーコントロール)などで高度に電子制御されているのは言うまでもないだろう。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:25 | BMW中古車無料査定・買取

BMW M3無料査定・買取



M3は、3シリーズクーペをベースとし、スポーツカーのもつダイナミズム、高品質クーペのもつ気品を両立させ、実用性、安全性、さらに燃費および環境適合性を追求したクルマである。

エンジンは、MダブルVANOSを採用する3.2L 直6DOHC(S54型)。安全装備は、デュアル&サイド&ITSヘッドエアバッグ、ABS、M3専用に改良したDSC III、可変Mディファレンシャルロック、RDW(タイヤ空気圧警告システム)、キャッチテンショナー付きシートベルトなどが標準で装着される。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:22 | BMW中古車無料査定・買取

BMW 5シリーズ ツーリング無料査定・買取



先代5シリーズ(E39)は良く言えば端正、悪く言えば没個性的なデザインで、もちろん手堅く売れはしたのだが、大ヒットとまではいかなかった。

しかし、現在のBMWのチーフ.デザイナー、クリス.バングルの進めるデザインアイデンティティ政策のなかで、新型5シリーズ(E60)は大きく生まれ変わった。

03年に登場した現行モデルは7シリーズで世界中を驚かせたiドライブを搭載、またアクティブ.ステアリングをはじめとする最新技術を前面にアピール、どちらかといえば保守的な進化を遂げたライバル、メルセデスベンツEクラスに対するアンチテーゼともいえるフルモデルチェンジを果たした。

エクステリアでは BMWは「ブックエンド理念」と呼ばれるデザイン戦略を打ち出している。

これは7シリーズとZ4を両極として、すべてのモデルがこの間に収まるというもの。そのポジショニングでは、この5シリーズはもちろん7シリーズの次。端正な7シリーズを、ややアグレッシブに振った、というところか。

インテリアでは iドライブを核としたデザインながら、7シリーズとは違い、シフトノブを当たり前の位置に配置。ほどよい先進性と使いやすさの両立を実現。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:20 | BMW中古車無料査定・買取

BMW Z4無料査定・買取



BMW.Z4はZ3の後を引き継ぐ形で2003年1月にデビューした。

ライトウェイトFRオープンスポーツと言う点では変わらないが、Z3は2000cc 前後の排気量が中心だったが、Z4では2500cc.3000ccと言った比較的大排気量が中心となっている。

長く優雅に伸びるエンジン.フードと対照的なリア.エンド。低いシート.ポジションと乗る人を包み込むように配置されたインテリアに、BMWの最新直列6気筒エンジンを搭載。

またこのエンジンは欧州.米国の排出ガス基準に適合し、環境面への配慮も施す。

スポーツ.サスペンションを標準装備し、新たに採用されたセントラル.アーム式リアサスペンションが「走り」を支える。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:16 | BMW中古車無料査定・買取

BMW Z3無料査定・買取



ロングノーズ&ショートデッキをコンセプトに誕生した2シーターオープンカー。

まずはZ3ロードスターがデビュー。日本には1996年にBMWジャパンの創立15周年記念限定モデルとして導入された。カタログモデルの国内デリバリーは1997年からである。

BMWが並々ならぬこだわりを持つ前後重量配分50:50を、コンパクトな軽量オープンボディの中に実現し、軽快な走りを生みだした。

1998年には、BMW M社製のハイパワーエンジンを搭載したスポーツモデル、Mロードスターを追加。E36型M3と同じ3.2リッター直列6気筒エンジンを搭載して、321psという最高出力を誇る。

トランスミッションは5MTのみの設定。大幅にワイド化されたリアタイヤを収めるため、リアフェンダーも大きく膨れ上がっている。マフラーは4本出しを採用して、迫力あるリアビューを実現している。

同じ1998年には基本構造をロードスターと同じくするクーペがデビュー。ロードスターのキャビンとリアオーバーハングをすっぽりとルーフで覆ったかのような個性的なスタイリングが評判となった。

クーペはノーマルグレード登場と同時に、MクーペというM社製エンジン搭載モデルも用意された。Mロードスター同様、E36型M3と同じ3.2リッター直列6気筒エンジンを搭載する。こちらもトランスミッションは5MTのみの設定。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:13 | BMW中古車無料査定・買取

BMW 7シリーズ 中古車 買取査定



7シリーズはBMWのフラッグシップモデル。現行モデルで4代目。

4代目は先代よりも全長/全幅/全高をすべて大型化しており、居住性の向上はもちろん、トランクスペースの拡大にもつながっている。

エクステリアは、これまでの7シリーズのややロー&ワイドなスタイリングから印象をガラリと変え、厚みのある重厚なスタイルへと変貌。

前後の顔つきは威圧感さえ感じる程の迫力を得ている。特にリアはオリジナリティあふれるもの。

ゆったりと下方向に放物線を描く左右両端のコンビネーションランプに挟まれ、真ん中にどっかりとボックス型のトランク部を構えているのだ。

すり鉢状のホイールも含め、外観はフラッグシップにふさわしい威風堂々としたものである。インテリアに移ると、まずはiドライブコンセプトという一つのコントローラーで数百もの機能を操作できるコントロールシステムに注目してほしい。

ウッドとレザーを贅沢にあしらいラグジュアリーな空間を演出している。

735i、745i、745Liが日本に導入されたのは、01年10月。最上級グレード760Liは03年1月に導入されている。

中古車 買取査定情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 02:16 | BMW中古車無料査定・買取

BMW 5シリーズ 中古車 買取査定



先代5シリーズ(E39)は良く言えば端正、悪く言えば没個性的なデザインで、もちろん手堅く売れはしたのだが、大ヒットとまではいかなかった。

しかし、現在のBMWのチーフ.デザイナー、クリス.バングルの進めるデザインアイデンティティ政策のなかで、新型5シリーズ(E60)は大きく生まれ変わった。

03年に登場した現行モデルは7シリーズで世界中を驚かせたiドライブを搭載、またアクティブ.ステアリングをはじめとする最新技術を前面にアピール、どちらかといえば保守的な進化を遂げたライバル、メルセデスベンツEクラスに対するアンチテーゼともいえるフルモデルチェンジを果たした。

エクステリアでは BMWは「ブックエンド理念」と呼ばれるデザイン戦略を打ち出している。これは7シリーズとZ4を両極として、すべてのモデルがこの間に収まるというもの。

そのポジショニングでは、この5シリーズはもちろん7シリーズの次。端正な7シリーズを、ややアグレッシブに振った、というところか。

インテリアでは iドライブを核としたデザインながら、7シリーズとは違い、シフトノブを当たり前の位置に配置。ほどよい先進性と使いやすさの両立を実現。


中古車 買取査定情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 02:12 | BMW中古車無料査定・買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。