ポルシェ カイエン無料査定・買取



カイエンはポルシェ初めてのSUVとして03年に、日本発登場となった。

どこからどう見てもポルシェ.ファミリーに見えるフロント周りが特徴的なSUV であるが、そのプラットフォームはVW社より販売されているトゥーランと共用しているのである。

ポルシェのSUVだからといってエンジンがおなじみの水平対抗6気筒ではないのも大きなトピックス。用意されているのは4.5リッター.ツインターボのV8と、NAの4.5リッター、そしてNAで3.2リッターのV6という3種類のエンジン。

ポルシェ.トラクション.マネージメントと呼ばれる4WDシステムを搭載。

これは通常の走行時にはエンジン出力を62: 38の割合で配分するが、電動モーターで作動する電子制御式の多板クラッチにより、運転状況に応じて変動するもの。

必要であればフロントまたはリアの一方に、100%までのトルク配分が可能。

他にも、路面の状況と運転状況に応じてダンパーの減衰力を無段階に調整するアクティブ.サスペンション.マネージメントや、車高を6段階に設定することができるライドハイトコントロール機能を用意するなどを採用し、あらゆる状況での最適な走行を可能としている。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 11:54 | ポルシェ中古車無料査定・買取

ポルシェ ボクスター 中古車 買取査定



ポルシェのエントリーモデルとして1996年にデビューを飾った初代ボクスター。「987」のコードネームを持つ現行モデルは2004年末にフルモデルチェンジを行った2代目モデルとなる。

そのコンセプト、すなわちミドシップレイアウトによる高度なドライビングプレジャーと、911シリーズに比べてリーズナブルな価格設定は現行モデルにも引き継がれている。

初代モデルのイメージを踏襲しながらも、細部にわたる刷新が行われた2代目ボクスターは、初代と同じく911(タイプ997)と多くの部品を共用している。

オープンボディを採用するボクスターには従来から電動開閉機構(ロックは手動)を備えるソフトトップが標準であったが、新型モデルへの移行にともなって50km/h以下での走行中に開閉が可能となっている。

サスペンションはフロント、リアともストラット式を採用するが、従来モデルより剛性アップが図られたほか、PASM(ポルシェアクティブサスペンションマネージメントマネージメントシステム)もオプション設定されている。

中古車 買取査定情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 02:41 | ポルシェ中古車無料査定・買取

ポルシェ 911 中古車 買取査定



今も昔もポルシェといえば911である。

フェルナンド・ポルシェ博士が思い描いたRRレイアウトを持つスポーツカー356の後継車種として1963年に登場。

その後、革新的な進化を遂げているが初代モデルよりリアエンジン・リア駆動、水平対向エンジンという基本レイアウトに変化はない。

そんな911の歴史でエポックメイキングなことといえば、1998年に登場したタイプ996であろう。

それまでかたくなに守り通してきた空冷エンジンを水冷エンジンにチェンジ。誰にでも扱いやすいスポーツカーへと生まれ変わり、名実共に近所のコンビニからサーキット走行まで1台でこなせるスポーツカーとなったのである。

現行モデルは05年に登場したタイプ997。クラシカルな丸目2灯ヘッドライトが特徴的なスーパースポーツだ。



中古車 買取査定情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 02:36 | ポルシェ中古車無料査定・買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。