レクサス GS無料査定・買取



2005年8月30日より日本でスタートするレクサス。これと同時に販売されたのがGSである。

日本には当然、初登場、初代モデルということになるが、世界規模では通算3代目となる。初代、2代目のGSは日本ではアリストとして販売されていた。その後継車種と言えなくもないが、3代目GSは完全に新設計されたモノ。

今まで販売されていたアリストというクルマとは別物であると言ってしまって良いほどだ。デザインはレクサスのデザインアイデンティティともいえるL-finesseを具現化。

三次元の曲線をうまく組み合わせたボディラインは、今までのクルマではなかなか実現できなかったものである。

このGS、レクサスブランド内での位置づけはスポーティーサルーンということになっている。

ランクとしてはミドルレンジを担い、BMWの5シリーズやメルセデス.ベンツEクラスが直接的なライバルとなる。





中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:12 | レクサス中古車無料査定・買取

レクサス IS無料査定・買取



2005年8月30日より日本でスタートするレクサス。この登場から約1ヶ月遅れての参上となったのがISである。

日本に逆輸入されたレクサスのエントリーモデルであり、スポーツモデルでもあるIS。当然、日本では初代ISとなるのであるが、世界規模でみれば二代目ISとなる。

初代ISは、日本ではアルテッツァとして販売されていた。このアルテッツァというモデルはBMW3シリーズを目標に開発されたFRコンパクトセダンであったが、このISはBMW3シリーズを超えるために開発されたモデル。

V6エンジンを縦置きにするFRセダンは、レクサスのデザインアイデンティティであるL-finesseを具現化したマッシブなプロポーションが自慢。

複雑な三次元曲線をボディラインに組み込んだエレガントなスポーティーセダンのライバルは、いうまでもなくBMW3シリーズであり、メルセデス.ベンツCクラスなのである。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:09 | レクサス中古車無料査定・買取

レクサス SC無料査定・買取



日本でのレクサススタートにあわせて登場したのがSCである。

とはいっても、完全なる新型車ではなくソアラのマイナーチェンジ版としての登場。北米のレクサスチャネルでソアラはSC430として販売されていたのであるから、当然といえば当然である。

スチール製の屋根を持つ2+2シーターのオープンモデル。その位置づけはソアラ時代と変わらない。トヨタからレクサスに変わって、大きな変化が起きたのはエクステリアとトランスミッションである。

エクステリアはフロントマスクを中心に、レクサスのデザインアイデンティティであるL-finessを用いたモノに変更された。トランスミッションはソアラ時代の5速ATから6速ATになった。

SCはモノグレード体制をひいており、4.3リッターのV8を搭載するSC430だけが用意されている。

280馬力を発生するV型8気筒エンジンで後輪を駆動させるFR方式で、トランスミッションは6速AT。

電動で開閉できるスチール製トップを持つ2+2のオープンモデルである。




中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 09:06 | レクサス中古車無料査定・買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。