シボレー アストロ無料査定・買取



90年代に日本にミニバンという概念を定着させた功労者が、シボレー.アストロ。

コンパクトボディにいかに大きなスペースを採るか? という、マンマキシマム&メカミニマム的な発想で生まれるジャパニーズミニバンではあり得ない、広大な室内と全幅2mに迫るドデカいボディがアストロ最大の売り。

キャプテンシート仕様ではタップリのシートサイズと1列目から3列目まで自由に移動可能なほど広い。

4.3リッターV型6気筒OHVエンジンはさすがに旧式で、最新の国産ミニバンのような経済性や環境性能は望めない。スペックも193馬力/34.6kg-mと大柄ボディにはちょっと非力。

ただ、ワインディングを軽快に、というシチュエーションは考えにくいので、日本なら高速道路をゆっくり流す場面では必要十分か。

インテリアデザインも良くいえばアメリカン、悪くいえば大雑把で、痒い所に手の届く日本の緻密に計算されたインパネに慣れた向きには、軽いカルチャーショックも与えるだろう。

国産車に近い装備のクオリティを持つヨーロッパ車が増えてきた中で、アメリカ独自の発想、アイデンティを感じさせてくれるアストロは今や貴重な存在となった。



中古車情報
posted by 中古車の査定 ・買取 28万台情報 at 12:16 | シボレー中古車無料査定・買取
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。